大西 宏のマーケティング・エッセンス

スマホ誕生10周年は静かに終わるのでしょうか

iPhoneが登場してから10年が経ちました。その10周年にチャレンジするかのように、サムスンがフラッグシップ・モデルの「ギャラクシーS8」を発表しました。さらに秋にはiPhoneの記念バージョンが登場してくると言われています。ウォールストリート・ジャーナルが、このサムスンの新製品について、両端を覆うようにカーブし、ほぼ全面スクリーンになったティスプレイを「2025年からタイムスリップしてきたかのようだと絶賛していますが、まったくトキメキません。きれいだね、これが今後の新製品のディスプレイの基準になっていくのでしょうねという感想で終り。

続きを読む

履正社ガンバレ

森友学園問題は大阪のイメージを下げつづけていますが、それを爽やかに晴らしてくれそうなのが高校野球決勝です。なんと大阪対決となりました。

さて、森友学園問題ですが、なんとしてでも政権や大阪の維新にダメージを与えようと共産党が勢いづいています。政局にもちこもうとする戦術は共産党の立ち位置としては理にかなっています。支持者拡大のチャンスと、地元ではビラ配りにも精を出しています。

続きを読む

危なっかしくなってきたトランプ政権

トランプ大統領は、ほんとうにアメリカの強さはなにかを理解しているのだろうか、アメリカが持つ成長力に自ら歯止めをかけることになり、しかも足を引っ張る政策、またそんなことを約束してしまって大丈夫なのかという公約で支持者を固めたトランプ政権については、短命に終わるだろうと思っていましたが、ついに先が見えなくなってきました。いよいよ終章にいうことでしょか。続きを読む

幕引きできなかった籠池笑劇場

民進党の政府批判がブーメランとして返ってきて自ら墓穴を掘るという展開が相場でしたが、森友学園問題に関してはどうも自民党の思惑違いとなって疑問をさらに深める結果になってしまったようです。続きを読む

西陣の職人に「ブラック企業」のレッテルを貼る前に

京都の西陣織の職人の方がツイッターで弟子を募集したところ、その条件が「最初の半年間は給与が出ない」「その後の仕事も保証できない」というものだったので炎上する騒動があったようです。ブラック企業以下だという批判です。それで、さっそくツイッターで確かめてみました。続きを読む

海に流れる雲海と日の出

IMG_0868

城崎の少し先に行くと日和山海岸にでます。時期的には、海からの日の出はないと聞いていたのですが、早朝に朝焼けを期待して行くと、神々しいとさえいえそうな風景に出会えました。
雲海が岬を流れ落ちていく様子は動画でご覧く ださい。


ヤマト運輸は、「自動運転」が実現しても問題は解決しない

あれっと思う記事がありました。自動運転の時代が来れば、「ネット通販で買った商品は、おそらく無人の自動運転車両(小型の輸送ポッド)で購入者の家に配送されているから」、ドライバーレスになり、人手不足は解消されるというのです。
自動運転車がヤマト運輸に取って代わる日 | プレジデントオンライン 

技術信仰というか、その手の誤解は少なくありません。いくら自動運転が実現できたとしても、人は必要です。誰がそれぞれの家のチャイムを鳴らし、届けたことを確認し、もし留守なら誰が不在通知票を置いておくのでしょうか。そもそも誰が車に荷物を積むのでしょう。
続きを読む
メールマガジンのご案内

Foomii


購読料515円/月
毎水曜日発行
PR


モバイルにも強い
SFA営業支援システム
タイムラインも
営業ナビゲーターも標準搭載
スマートフォンでさらに
活用が広がります
actioncockpit
クラウド型
新世代SFA営業支援システム
アクションコックピット


そもそも
SFAとはなにかを知りたい方はこちら
SFAとは?
記事検索
過去のエッセイ
大西 宏のプロフィール
マーケティングの実践の畑を歩んできました。生活用品・インテリア・化粧品・デジカメ・産業財など多くのジャンルに関わってきましたが、CI、人事システム、情報システム開発などのプロジェクトも体験しており本職がなにかを疑われそうです。
バブル以降、マーケティングは冬の時代であったと思いますが、昨今は、マーケティングを見直す機運が高まってきており嬉しい限りです。

■コア・コンセプト研究所代表取締役
■ビジネスラボ代表取締役

メールmail
講演・セミナー
講演・セミナーの講師ご依頼は
こちらまで
XML
  • ライブドアブログ