大西 宏のマーケティング・エッセンス

米国のパリ協定離脱は、米国産業のビジネスチャンスを損なう

f150-ads-02-2

トランプ大統領がパリ協定から離脱すると宣言しました。2016年の自動車売れ筋が、トップにフォード「Fシリーズ」第2位にシボレー「シルバラード」、第3位にラム ピックアップ・トラックと、マッチョでガソリンを垂れ流して走る車が上4位に並ぶ国です。そのマッチョを代表するトランプ大統領にとっては、自然な感情と損得勘定による判断なのでしょう。まさに「私は(製鉄や石炭で知られた)ピッツバーグで,選ばれたのであって、パリではない」のですから。
2016年に米国で最も売れたクルマのトップ10 - Autoblog 日本版 : 続きを読む

規制緩和なら、「獣医学部」よりも「保育園」

獣医学部が、獣医学会や政治家などの反対で50年以上新設がなく、ドリルで穴を開けるべき岩盤規制だったというのが、加計学園問題を正当化する根拠になっています。それを聞くといかにも岩盤規制と闘う安倍総理のリーダーシップが発揮されたと評価する人もいらっしゃるのかもしれません。しかし、獣医学部を新設することが、ほんとうに国民の利益、また日本の経済の活性化につながるのかは定かではありません。そもそも岩盤規制にドリルで穴を開けることは目的ではなく手段なのです。

続きを読む

クマにご用心


昨年、秋田県で山中でクマにかじられたり引っかかれたりしたような傷痕のある男女4人の遺体が5月下旬から相次ぎ見つかり、さらに駆除したツキノワグマ1頭の胃を調べたところ、中から人体の一部が見つかったというショッキングな事件がありました。

続きを読む

オール読売で前川氏人格攻撃キャンペーン?

どうしたのでしょうか。もっと冷静にやればいいものをと思います。すさまじいですね。なにがって、読売による前川氏潰しです。ナベツネ対清武騒動を思い起こさせます。

分かりやすかったのが辛坊治郎さんの変貌ぶりです。最初はやんわりと読売記事がでた当日の朝には一面に取り上げたことに疑問を感じるようなコメントをしていたにもかかわらず、翌日からは打って変わったように激しく口撃。昨日の関西ローカル番組「そこまで言って委員会」では、一方的にリンチではないかとと感じるような展開でした。まあもともと珍獣たちが吠えてなんぼのエンタメ番組化がどんどん進み、内容劣化も目立つのですが、公共の電波を使っていることを忘れないでいただきたいものです。


続きを読む

須磨離宮公園は、香りも色も形もスイート。

confeito
まるで金平糖のようなカルミア。公園のなかの木立のなかでまるで小さな宇宙のようでした。

La vie en rose
須磨離宮公園は薔薇の見頃。見家族連れ、カップル、写真を撮る人たち、薔薇を背景にコスプレで楽しむ人たちで賑わいます。

なりふり構わず情報操作に加担した読売新聞

最近、記者会見時の菅官房長官の表情の不自然さが気になります。裏になにかを隠しているような気配を感じるのです。まるでテレビドラマの登場人物さながらです。さて、加計学園問題は外野席から見れば森友学園問題よりもさらに黒だと感じさせています。岩盤規制を打ち砕くために、国家戦略特区を首相自らがコネクションも総動員して進めていこうという意気込みはいいのですが、後出しジャンケンでルール変更を行い、獣医学部開設で、加計学園と競いあっていた京都産業大学を排除したことは、「公正」だったとはいえません。

続きを読む

北朝鮮兵糧攻めで核・ミサイル開発を止めることができるか

アメリカ、また中国からの圧力、国際的な批判をあざ笑うかのように北朝鮮は相次いでミサイル実験を続けています。いくらトランプの甘言があっても、金王朝を守るには「核大国」のポジションを得る道しかないという金正恩の信念は強固であり、どうせトランプは軍事行動を起こせず、またトランプが頼る習近平も決定的な切り札は切れないと見切ったようで、このチキンレースは北朝鮮優位に推移しているように見えます。

続きを読む
メールマガジンのご案内

Foomii


購読料515円/月
毎水曜日発行
PR


モバイルにも強い
SFA営業支援システム
タイムラインも
営業ナビゲーターも標準搭載
スマートフォンでさらに
活用が広がります
actioncockpit
クラウド型
新世代SFA営業支援システム
アクションコックピット


そもそも
SFAとはなにかを知りたい方はこちら
SFAとは?
記事検索
過去のエッセイ
大西 宏のプロフィール
マーケティングの実践の畑を歩んできました。生活用品・インテリア・化粧品・デジカメ・産業財など多くのジャンルに関わってきましたが、CI、人事システム、情報システム開発などのプロジェクトも体験しており本職がなにかを疑われそうです。
バブル以降、マーケティングは冬の時代であったと思いますが、昨今は、マーケティングを見直す機運が高まってきており嬉しい限りです。

■コア・コンセプト研究所代表取締役
■ビジネスラボ代表取締役

メールmail
講演・セミナー
講演・セミナーの講師ご依頼は
こちらまで
XML
  • ライブドアブログ