大西 宏のマーケティング・エッセンス

赤く広がる。まるで手まり

IMG_0480


IMG_0482

宇治市植物公園で温室ツアーがあるというので出かけてきましたが、さすが解説がつき、質問にも答えていただくと、観る面白さ、撮る楽しさが増します。写真は、巨大なネムの木のような「カリアンドラ」。和名はオオベニゴウカン(大紅合歓)だそうです。寒い季節は温室。普段見ない花々、また色合い、植物の姿からもいい刺激をもらえます。
ここをクリックしていただければ、他の赤い花々もご覧いただけます。

移民、難民に関して日本に物申す資格ある?

なにの報道番組だったか、コメンテータの方がトランプ大統領の移民や難民排除の政策について、欧州各国の首脳からは批判がでているにもかかわらず、安倍総理はなにのコメントも出していないと問題視されていました。思わず目が点になりました。はたして日本に物申す資格があるのかというか、日本がなにかコメントして説得力があるのかは疑問です。なぜなら、トランプ大統領のように国を二分するような物議をかもす規制ではないものの、日本は移民や難民の受け入れに関しては高いハードルとバリアを設けているからです。

続きを読む

消滅に向う罪深い社民党

09_1)
社民党が、首相官邸裏の民間ビルにある党本部を移転させるそうです。長年使い、かつてはニュース映像でもしばしば登場した「社会文化会館」からの二度目の移転になります。党首も落選し、国会議員が4名しかいなくなったてめに、財政が厳しく、年内には年間4000万円の家賃が支払えなくなるからだそうです。
続きを読む

米国を引き裂き、混乱を広げるトランプ

石油パイプライン建設推進の大統領令は市場が好感し株価を押し上げましたが、移民や難民の入国禁止令は批判と混乱を招き、米国内での対立をさらに深める結果を招いています。事実など関心がなく、思い込みから膨らんだ妄想による確信で行動し、相手に強い圧力をかけ、有利な取り引きに持ち込もうとするトランプ流が、落し穴にはまったのではないでしょうか。トランプ大統領は、西部劇にでてくる保安官の気分でテロ対策として署名したのでしょうが、事実にもとづかないトンチンカンな規制で、混乱と反発を招いています。ウォール・ストリート・ジャーナルは社説でイラクやアフガンで米軍の生命を守った人びとをも排斥し、生命の危険に晒す結果になっていると批判しています。

続きを読む

逆風の業界、ゼロからの出発でなぜ起業に成功したか

スタッフが机に置いてくれた封筒を見ると、北海道の小室雄次さんからのものでした。封を開けると「事業に失敗しないための起業家宣言」というタイトルの書籍が入っていました。目を通すと、マーケティング・コンサルタントの小室さんが、顧客ゼロから起業10年で売上高20億円の事業を切り開いた実績をベースにお書きになった、ほんとうに分かりやすい起業戦略の本でした。本の帯には「生き残るのは20社中1社」とありますが、小室さんがチャレンジされたのは、ブームで参入したものの倒産ラッシュ、また赤字を抱え瀕死の企業が結構多い太陽光事業です。
続きを読む

春の兆し

春の兆し

西宮市というと、なんといっても高校球児が熱い戦いを繰り広げる甲子園ですが、また大勢の若い人たちが開門とともに本殿を目指して競って駆け抜ける十日戎開門神事福男選びも広く知られています。その西宮市山麓の北山緑化植物園に春の兆しを見つけようとでかけてきました。

上のアルバム表紙のサクラは10月桜です。
 

琵琶湖のむこう、比良山くっきり

IMG_0243

琵琶湖岸のなぎさ公園(守山市)は、早咲きの菜の花の畑から琵琶湖の対岸にそびえる比良山が望めるこの季節の人気スポットです。犬を連れて散歩する人、家族連れ、カメラを構える人、さまざまな人がくつろぎ、この風景を楽しんでいます。
メールマガジンのご案内

Foomii


購読料515円/月
毎月曜日発行
PR


モバイルにも強い
SFA営業支援システム
タイムラインも
営業ナビゲーターも標準搭載
スマートフォンでさらに
活用が広がります
actioncockpit
クラウド型
新世代SFA営業支援システム
アクションコックピット


そもそも
SFAとはなにかを知りたい方はこちら
SFAとは?
記事検索
過去のエッセイ
大西 宏のプロフィール
マーケティングの実践の畑を歩んできました。生活用品・インテリア・化粧品・デジカメ・産業財など多くのジャンルに関わってきましたが、CI、人事システム、情報システム開発などのプロジェクトも体験しており本職がなにかを疑われそうです。
バブル以降、マーケティングは冬の時代であったと思いますが、昨今は、マーケティングを見直す機運が高まってきており嬉しい限りです。

■コア・コンセプト研究所代表取締役
■ビジネスラボ代表取締役

メールmail
講演・セミナー
講演・セミナーの講師ご依頼は
こちらまで
XML
  • ライブドアブログ