大西 宏のマーケティング・エッセンス

トランプ疑惑は、第2のウォーター・ゲートになるか?

なんともはや感じるトランプ次期大統領の記者会見でした。トランプ次期大統領への嫌悪感と不安とメディアの無力さが世界中に広がったのではないでしょうか。しかもメディアとの対立だけが目立ち、具体的な政策の中味がなかったために、金融市場も期待が外れドル売りとなりました。

続きを読む

なぜ安倍政権は勝ち続けるのか?

NHKが今月の7日から3日に18歳以上を対象に行った世論調査結果を発表していました。安倍内閣を支持するとした人が先月よりも5ポイント上がって55%、支持しないと答えた人は、3ポイント下がって29%で、昨年の4月に安保法制問題で支持と不支持が拮抗した以降は、支持率が高止まり状態になってきています。

続きを読む

トヨタ脅しに成功したトランプの次の標的

トランプ次期大統領のツイッターを使った自動車業界への恐喝は、それが次期大統領としてどうなのかは置いておいて、大成功したようです。GMからフォードへ、そしてトヨタへのトランプ次期大統領からの批判は、トヨタが1.1兆円の米国への投資を表明することで矛先をかわした恰好ですが、たとえそれがトランプ次期大統領のツイッターと関係なく決まっていた投資計画だとしてもタイミングが問題です。トランプに次期大統領にとっては、そうやってトヨタが即座に反応したことで自らの影響力の強さを示せたのです。続きを読む

トランプのトヨタ恫喝は日本叩きではない

トランプ次期大統領がツイッターでトヨタを脅しにかかった件で、間違ってはいけないのは、それはトヨタが日本の企業だからそうしたのではないことです。すべての自動車メーカーにメキシコに新工場をつくり、NAFTA(北米自由貿易協定)を利用して関税なしでメキシコから米国に輸出しようという目論見を持つなら、報復するがそれでもいいのかという脅しで、すでにフォードがメキシコの工場新設中止を表明しています。

フォードのマーク・フィールズCEOは、CNNとの単独インタビューで「トランプ氏との間で取引があったわけではない。我が社の事業のためにしたことだ」と強調したようですが、そんなこと誰が信じるかです。

続きを読む

アパレル自社ブランドまで拡張を狙うアマゾン

業態の革新、また領域拡張への挑戦に積極的な企業といえば、なんといってもアマゾンではないでしょうか。AI(人工知能)技術をフル活用し、レジのない完全自動化されたコンビニ「Amazon GO」が話題を呼びましたが、これまで米国の一部で展開していた生鮮食品や日用品の配送サービス「アマゾン フレッシュ」を日本でも本年からスタートさせるといいます。

続きを読む

輝け。2017年

pixta_26366432_S

昨年は、グローバル経済がもたらしたさまざまな変化への反動、また移民や難民問題で世界が揺れ動きました。また、まもなく、その象徴のようなトランプ新大統領が就任します。どんな発言をするのか、世界中が釘付けになりそうです。

いずれにしても、昨今は、先端の世界でなくとも、つぎつぎに体験したことのない新しい状況があらわれ、めまいがしそうです。それにどう適応すればいいのか、変化を上手に取り込めないかと考えながら、今年も前向きにチャレンジすることをエンジョイしていこうと思ってます。

2017年、みなさまに多くの運気が訪れ、輝く一年となることをお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。

侘助とか山茶花とか



山茶花があちらの垣根、こちらの植え込みで赤い花を開いています。その山茶花につづいて咲いてくるのが侘助。万博公園のつばき園に咲いていました。侘助も椿ですが、他と違って花粉がでず、茶の花として愛用されていますね。
メールマガジンのご案内

Foomii


購読料515円/月
毎月曜日発行
PR


モバイルにも強い
SFA営業支援システム
タイムラインも
営業ナビゲーターも標準搭載
スマートフォンでさらに
活用が広がります
actioncockpit
クラウド型
新世代SFA営業支援システム
アクションコックピット


そもそも
SFAとはなにかを知りたい方はこちら
SFAとは?
記事検索
過去のエッセイ
大西 宏のプロフィール
マーケティングの実践の畑を歩んできました。生活用品・インテリア・化粧品・デジカメ・産業財など多くのジャンルに関わってきましたが、CI、人事システム、情報システム開発などのプロジェクトも体験しており本職がなにかを疑われそうです。
バブル以降、マーケティングは冬の時代であったと思いますが、昨今は、マーケティングを見直す機運が高まってきており嬉しい限りです。

■コア・コンセプト研究所代表取締役
■ビジネスラボ代表取締役

メールmail
講演・セミナー
講演・セミナーの講師ご依頼は
こちらまで
XML
  • ライブドアブログ